February 13, 2018

三日レンチャンフリマ

Dsc00006_8

土曜日のフリマ。今日から3レンチャンらしいのだがホントか。ゆううつってどーゆーことなんだろ。

SP1枚義理買いのようなもの。無表情買い。ミルクブラザース訳せば牛乳兄弟。

ワカマツの宇宙服ちゃん指人形。超久な企業もの。いささか値段だったが買ってみた。やはしカワユス。

ピンキーな色ガラスの灰皿。底にお花の透かし彫り。いささか値段だったが手から離れない。キレイ。

お店はそこそこ。少なめ。あー休みにして欲しい。

日曜日のフリマ。晴れ。雨予報もチラホラあったけど、夜のうちにあがったようだ。

そんなこんなか、場所ダブリなのか、お店は激少な。ひどい土曜日並み。

お客は多く、需要過多気味。フリマ銀座状態なんだもの。

しかしな~んにもありませぬ、ふれませぬのそんな日曜日フリマ。

オーラスに伊勢志摩の観光ミニカード、手慰みに購入。

海女の写真は当たり前だけど、あこや貝、あわび、エビ、真珠で各1枚。

あまつさえ、やせっぽちの漁村の少年で1枚にはのけぞった。<海の幸>というタイトルが。

みうらじゅんの言うところのカスハガ状態。なかなかのレアカードに喜んだワタクシ。

しかしまあ明日はどうなることやら。あけるのが恐ろしきフリマなり。

月曜日のフリマ。休日フリマ。

予想通りの少なさ。ひょっとして土曜日が一番盛んだったのかな。

なしんぼなしんぼあるわけないんぼ。とあきらめ顔つるつる。

くろんぼさん和風を捕まえる。金糸の帯風が逆にすてき。もうこれでいいっかと安心顔。

顔見知りさん、少ししたら、残ったおこけご自由にお持ち帰りになっていて、ガサガサ。

五線譜にツバメが3匹飛んでいる図のピアノ型宝箱がかわゆす。

いそべ駅のホームのベンチで煙草ふかす豆カッパの不良ペアもこれまたよし。

無料サービスならもらっちゃうよねえ。ありがと。

最後辺でグロテスク海女発見。体がパールつぶつぶでうすむらさきのベールを巻き付けて。

やりすぎ海女。いきすぎ海女。完全好みじゃん。

何かを握っていた風情の手は、いったい何を握っていたのか。

網の端っこか。ひとりだけ座っている大漁節なのか。地引網の最後尾の元締め海女か。

あわびを岩からはがす金具、もり、日本刀、のようなもの。なのか。喧嘩海女なのか。

それとも桶には二粒のパールが入っているゆえのあこやがいの貝殻、なのかと。

しかも両手なので、二枚貝を引きちぎったのか。それほどまでに力強いのか海女は。と。

長いのか短いのかわからぬ足も不思議。それとも正解は胴長なのか。と。

いずれにせよ妖しいぜよ。捕らまえよ。と村人にお礼のワンコイン。

ああ終わった。長い長い三日間だった。地獄のレッスン魔の三日間だった。

いつにもまして厳しい戦果を前にして、もう三日レンチャンフリマはいりませんと嘆く我。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 05, 2018

底冷え

Dsc00010_3

土曜日。遠くでベルの音が鳴っている。かすかに聴こえる。な朝。

おきるのつらい。おきたくない。フリマさぼりたい。エイッと声を自分にかけ立ち上がる。

おきてしまえばなんともないのだけど、フリマ二日はいらないなあとつくづく。

あんのじょうお店は激少で、最近一番おさむい状況。1周が早い早い。

手ぶらレスさらさら。何も買えず。ナニモカエーズと発音してみれば、飲み物みたい。

蚕用緑びんにそそる。四角いインクびんにそそる。かっぱのぬいぐるみペアにそそられる。狼少年ケンのお皿にそそられる。ブーフーウーのコップセットかそそる。子豚のでかいお顔の紙箱がかわいすぎ。しかし何も買わず買えず。

早々に退散。駅セブンでサンドイッチをお昼用に買う。新しいのが出ていた。

家そばセブンは売り切ればかりのすかすかダメセブンなのだけど、さすが品川、新譜がすぐわかる。シールはってあるし。

おお新譜とはいわないっけ。パンだから新パンというのか。新品か。新製品か。新種とでもいうのか。業界的にはどうなのか。ポテトサラダ・サンドも久しぶり。

日曜日。今日はやや温度が高い。ていうけれど、底冷えきつい。

2ジャンクガサガサ。東京タワーみやげの一輪挿しが軽くオキニ。しょもないこけし型のお腹にタワーが描かれているだけなのにね。

ま手ぶらのがれだけなんじゃねと言われても仕方なしんこ。貝殻だの鉱石だのは重いだけちゅうに。時計も軽くマイブームなのか。女性用ぽいかわいい。セイコーコメットとある。

交通博物館・鑑賞記念のこだま号。なるほど、ヘッドが丸いのはひかりからなのねとお勉強。

底冷えゆえか何気に腹痛。帰るきっかけ。寒さゆえかまるで会場埋まらず。しょぼフリ。

帰りにスーパーに寄っておでん種買う。がんもどきがうまい。がんも食いたいだけな気もする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 29, 2018

氷点下極寒

Dsc00007_6

極寒土曜日。空気が冷たい。

フリマさぼりたい。寝ていたい。やだいやだいやだいと寝床で自問自答。

あんのじょう予想通り、フリマしょっぱい。お店少ない。

どうにかのカンカラひとつ。いっけん向こう物のような味わいなんだけど、艶布巾と書いてある。つやふきん?なんですかそれわの世界。つやを出すためのキレらしい・イラストによれば。

トイレクイックルのようなものなんか?とせいいっぱい。

早めの帰還。冷たい空気を感じざるをえない。


日曜日。風が少しあり。

フリマ、パッとせず。埋まらず。

SP4枚しぼりだし。いらないといえばいらない。ようなもの。

びん2本。不要。といえば不要。なのだが。

みずから背中を押し。あえての。といえばあえての。

雪が降りそうに風が冷たい。みんなで背中押せば降るんじゃないか。な。感じ。の。

まるで盛り上がらず。そんなていたらく。の。

まだ一月じゃん。二月三月どーなるの。ってもう勘弁。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 22, 2018

久々のSP

Dsc00014_4

土曜日。くもり。どんより天気。

寒さでパットせずフリマ。お店もさみしげ。今一つ今一つ。

ベンジャミンフランクリンとエンボスの古げな緑瓶。アメリカものかしら。お顔のエンボスもいい感じだ。

強力トンプク・赤ぐすり・青ぐすりとある、置き薬箱。弱い福助と細い招き猫がかわゆす。オキニ召し箱。奈良の薬屋さんだ。引き手も、全体気持ち小さめな大きさも良し。スキ。

日曜日。晴れ。寒シング。

久々のSP。解体や系若者の店。激安。7枚。戦前もの多し。

大田区の医者の家かららしい。なるほど。くもりガラス窓の専用ケースが丸のまま出てウブニ。

こんな風のコレクションかと、深い感慨。戦時中の軍歌と子供のSPと戦後の洋楽。さらっとした浅めのコレクション。

戦時歌謡というのか、勇ましいタイトルが並ぶ。また当時の医者のお金持ち度なのか、幼稚舎(KO?)の自主吹込み盤が多数あった。おぼっちゃまの(おじょうちゃま?)独唱盤?

レコード針のケースもまとめて、安すぎ。うれち。S先輩とワイワイガヤガヤ。

不二家フランスキャラメルの三色トリコロール柄の女の子。贈答用なのか空き缶。なつかしすぎのモチーフだ。

いっとき銀座の不二家の看板にさえなったはず。自分も大いに食べた記憶はある。紙ケースのがうれしいが、カン・バージョンが来るとわ。。

結局満杯ならず。寒さのせいなのか。明日は雪の予報が出ているが本当か。風が冷たい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

帆立貝に鶴

Dsc00018_4

高さ・9cm。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ガラスの鶴の親子

Dsc00015_2

大・8cm、中・6cm、小・4cm。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

蛤の中に鶴

Dsc00009_7

高さ・5cm。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

鶴・松かさ製 

Dsc00007_4

高さ・11cm。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

木の上に卵の鶴

Dsc00004_6

高さ・12cm。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 15, 2018

寒波襲来

Dsc00008_6

土曜日のフリマ。寒い。ただただ寒い。それだけ。

お店も少ないし、寒さを避ける場所もない。

ジャンクから、ルネ靴をひろったのみ。

お久々のルネもの。シールありの赤いブーツ。それっきりこれっきり。

日本海側は大寒波襲来の大雪で被害が出ている。そんなニュースばかり。


日曜日のフリマ。昨日にも増して寒い。

75%くらいの入り。いや80か。しょもないことに手ぶらである。

谷間である。底である。ボトムである。

ったく意味ないっしょ。興味ひくものないっしょ。

つめたい風を感じます。ぞぞっ。

ねばり周回するが、手ぶら終了。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

«鶴の柄・紅茶カップ